考察 ニセコルール
滑走の自由はどのように守られた

ニセコの山に関わったたくさんの皆さん、「ニセコ雪崩調査所」関係者、そして新谷暁生氏、中力ドミニク千秋氏に心からの敬意を表します。

文・写真=沼尻賢治/KODAMA

1:スキー場の生い立ち

 ニセコアンヌプリに初めてスキーリフトが架かったのは1961年12月のこと、『ニセコひらふスキー場』がオープンした年でした。板を渡しただけのシングルリフトが2本。標高510メートル付近まで上がれたそうです。当時はまだ圧雪車などなく、すべて未圧雪のゲレンデ。そもそも自分で上って、滑ることが当時のスキーの基本でしたら、当たり前かもしれません。

 1964年の東京オリンピックを契機にスキー場の整備も進み、圧雪車も導入、リフトも増設されてゆきます。『アンヌプリ国際スキー場』がオープンしたのもこの年です。

 1982年、『ニセコ東山スキー場』(現在のニセコ・ヴィレッジ)オープン。この時期から標高1000メートル以上のリフトや高速ゴンドラなどが設備されるなど、約10年間に渡り、いわゆる“スキーブーム”が沸き起こり、ニセコは日本を代表するスキー場へと発展します。

 1992年、花園コース(現在のHANAZONO)がオープンし、現在のスキー場のレイアウトがほぼ出来上がりました。

 2000年代に入ると海外からのスキー客が増加。オーストラリア〜千歳間の直行便が就航するなど、“オージーブーム”が訪れ、これ以降、ニセコは海外からも注目されるスキー場となりました。

 ちなみに現在の『NISEKO UNITED』の体制がスタートしたのは2006年から。スノーボードの滑走解禁は1993年からでした。

12647170_10153999809389382_4742455110177456551_n

ニセコ・アンヌプリに設けられたコース外滑走のためのゲートを示すマップ

 

2:日本でもっとも危険なスキー場!?

 1980年以前のニセコを知る人は「東尾根は午後に滑った」と証言します。当時は新雪が安定するのを待ち、午後を狙って滑るのが常でした。現在のようにファットスキーもなかった時代の話ですが、その時間的余裕が安全確保でもありました。標高1000メートル付近から歩いてアンヌプリ山頂に上がるためには、現在のキング第4リフトから山頂への2倍から3倍の時間を要したそうです。

 「ニセコなだれ情報」を発信する「ニセコ雪崩調査所」の新谷暁生さんは、ニセコの雪崩事故は1000メートル以上のリフトがかかった1980年代半ばころから変化したと指摘しています。

 リフトが完備し、誰もが簡単により高所へ、あるいは様々な場所へアプローチ出来るようになりました。それは新雪が安定していない高リスクの条件を滑るという一面も併せ持っていたのです。

 1985年から2000年までの15年間に、ニセコの雪山で起きた事故の死者は8人。もちろん死に至らない雪崩事故は他にもあります。ニセコは日本でもっとも事故の多発するスキー場のひとつと言われるようになります。

 スキー場は危険なコース外滑走を「禁止」します。しかし、古くから山全体を滑る歴史を持つニセコでは、コース外を滑る人は後を絶たず、スキーヤーとパトロールの追いかけっこが続いたそうです。「禁止」は問題の解決にはなりませんでした。

12654103_10153999809039382_3204582776181786410_n

スキー場内に設けられたゲート(アンヌプリ国際スキー場)

3:ニセコルールの誕生

 こうした状況にどう対応すべきか? ニセコの人々は考えました。もちろん、相変わらず「コース外の滑走を禁止すればいいのだ」という意見がありました。しかし、それではなにも変わらないことは明らかでした。「禁止」しているから事故が起きたら自己責任という、ある種の責任回避では事故は無くなりません。

 もっと現実的な方法で安全を確保するのだという声が上がりました。多くの論議の末、出来たものが「ニセコルール」です。

 このルールの特徴は、なんでも「禁止」してしまう日本の社会にあって、おおよそ語られないような「滑走の自由を尊重する」という姿勢を掲げたことです。それだけでも奇跡と言っても言い過ぎではないでしょう。

 完全立ち入り禁止区域を設けるものの、多くの人にとって魅力的なコース外滑走を認める。その代わりにゲートを設け、かならずゲートから外へ出る。そして危険が予測される場合にはゲートは閉じられ、ゲート外には出ない。

 ニセコルールは滑走の自由を尊重しつつ、最低限の規制を設けた日本で初めてのコース外滑走に関わるローカルルールとなりました。

12669632_10153999809119382_3240008195442344972_n

ゲートには細かな情報も掲示されている

4:滑走の自由と責任

「雪崩の起きやすい場所は、滑り手にとって魅力的な場所だ……雪崩事故の原因をいくら説明しても死者は戻らない。そして時を経てそれは忘れさられ、再び事故が繰り返される……亡くなる人はまさか自分が雪崩に遭うとは思っていない。自分が滑ったところはスキー場リフトのほんの脇であり、雪崩を知識で知ってはいても、自分が雪崩に遭うなどとは思っていないからだ」と「ニセコなだれ調査所」の新谷暁生さんは著書の中(一部抜粋)でこう指摘します。

 新谷さんは、シーズン中、毎日更新される「ニセコなだれ情報」の発信者です。この情報はwebサイトやスキー場に貼り出される掲示板で確認することができます。新谷さんは毎朝、気象概況、実際の山の雪質の確認、各スキー場のパトロールとの意見交換、ニセコの山に関する経験値などから「ニセコなだれ情報」を発信。各スキー場のパトロールは様々な情報を総合的に判断し、ゲートの開け閉めをコントロールしています。

 ニセコではゲートを出て、コース外を滑る自由は平等で、経験や技術、道具の規制はありません。ですが、コースの外はスキー場ではありません。また、ゲートが開いているから安全が保証されているわけでもありません。自分自身の技術や装備を十分に自覚して出てゆく必要があります。それでも、どんな準備をしても、事故が起きる可能性は誰も否定できません。自由には責任がともなうものです。

「多くの雪崩事故は吹雪の中、その直後に起きている」、「雪崩は自然現象で、そこに人がいれば事故が起きる」と「ニセコなだれ情報」は再三警告します。滑走者はこの警告の本当の意味を常に心に刻んでおく必要があるのです。

12654698_10153999808949382_3300352651734292965_n

ルールを無視し、立ち入り禁止区域「湯の沢」に付いたトラック(2016年1月)

5:ロープをくぐるの、かっこ悪い

 「ニセコルール」により、私たちはコース外滑走の自由という宝を手に入れました。しかし、その自由はひとたび事故が起きれば、いともかんたんに失われる可能性があります。

 本来、山を登り、滑ることは自由です。しかしリフトを使う以上、そこは山ではなくスキー場です。ゆえにスキー場のルールに従う必要があります。スキー場はある一定の安全環境が整備された娯楽施設です。滑走に冒険心はともなうかもしれませんが、スキー場は本当の冒険をする場所ではありません。

 また、雪崩安全講習を受け、ガイドライセンスを持つような、雪崩に関する独自の判断基準を持った皆さんでも、スキー場のリフトを使う以上は「ニセコルール」を遵守する必要があります。

 たとえば「ニセコルール」の基本メッセージ《ロープをくぐってはならない》。

 ロープが張ってあるのは、その先に危険があるからです。あなたは「自分にはその危険を回避できる技術と経験がある」と言うかも知れません。しかし、あなたがロープをくぐった際に付けたトラックに、その危険を回避出来ないビギナーが続いてしまう可能性があることを意識してください。

 あなたがロープをくぐることは、他人を危険に導きます。スキー場には今日初めてスキーやスノーボードを履いたビギナーがたくさんいることを忘れないで欲しいのです。

 滑走者は皆、滑走の喜びを知っています。そして、その喜びを求めてスキー場にやってきます。その喜びにベテランもビギナーもありません。

 お気に入りの道具とウェア! 最高の仲間! 最高の雪と天気! まさにThe Day! あなたは最高にCool! そんなあなたがかっこ悪い真似を望むでしょうか? しかし、ロープをくぐること=マナーを無視することは単純にかっこ悪いことだと思うのです。

12642588_10153999809189382_3269934954337648899_n

スキー場内から立ち入り禁止区域へ向かって残る無数のトラック(2016年1月)

 

6:ニセコの未来

 スケートボードも、キャッチボールすら出来ない公園。釣りの出来ない河川や堤防、波乗りが出来ない海岸など、私たちの日常は「禁止」であふれています。「禁止」することで管理者は事故発生時の「責任」を回避するのです。

 「ニセコルール」により設置されたコース外へ出るためのゲート。このゲートはリフトで上がった先にあり、ゲートを利用する人はリフト利用客=スキー場のお客様ということになります。ゆえに「スキー場はもっと「ニセコルール」に主体的であるべきだ」という意見があることも知っています。しかし、企業であるスキー場に主体性や「責任」を迫れば、やがて「禁止」という結果を招くでしょう。

 これは町にも同じことが言えます。それでも、町は「ニセコルール」を認めており、「ニセコ雪崩調査所」の活動に予算をつけているという事実だけでも、日本の大多数の事例と比較すれば、画期的なことではないでしょうか。

 もうひとつ、コース外は国有林あるいは道有林を滑ることになるのですが、国も道もその使用に関し明確な態度を示していません。いわば黙認している状態です。

 このような背景の中、多くの公共施設と同様に「禁止」をしてしまえば済むことなのに、ニセコではなぜそうしないのか?

 それは「禁止=建前」では人の命は救えない。事故は無くならないという強い信念があるからです。

 「ニセコルール」を取り巻く環境を“あるべき論”や正論で語ろうとすると、時に矛盾や曖昧な部分に突き当たります。その曖昧さを嫌い、秩序(規制は、ときに安心でもあります)を求めれば、その先にあるものは「禁止」ではないでしょうか。それでは事故が多発していた時代へ逆戻りしてしまいます。

 もちろん、スキー場や町にもたくさんの期待があります。すでにゲートの存在はニセコの観光産業に不可欠なものとなっています。ゲートは重要な「観光資源」と言い換えることも出来ます。ニセコのきれいな水や空気、美味しい農産物などと同様に、この素晴らしい観光資源をどう守り、育ててゆくのか。資源をただ消費するだけでは、いつか枯渇します。常に先を見越し、能動的に対応するリーダーシップを取って欲しいのです。

 それでも、今日、ニセコの滑走の自由を守るのはスキー場でも、町でもなく、滑走者自身の行いです。そのことを心に留め、「ニセコルール」を遵守していただきたいのです。

 「禁止」では事故は無くならず、死者は戻りません。自由に、安全に滑るための「ニセコルール」は単なる規制ではなく、滑走者の安全を思う“願い”のような存在だと理解していただきたいのです。

12688352_10153999809289382_6160330434584824177_n

スキー場に張られたロープは飾りではない

 

【了】

ぬまじり・けんじ

1962年、神奈川県川崎市生まれ。帽子職人、編集者。40歳を過ぎて出会ったテレマークスキー。東京で編集の仕事をしながら、年に数日の滑走では“間に合わない”と感じ、2012年ニセコへ移住。自宅でオーダーメイドの帽子屋を営みながら、冬はテレマーク修業に勤しむ生活をおくっている。自宅から見上げる湯の沢(全面立入禁止区域)にひんぱんに付くシュプールに、なんとも気を重くする日々が続く。