2017-18ニセコの冬まとめ

 昨秋、『KODAMA』に掲載していただいた拙文「2016〜17シーズン/ニセコの冬まとめ&2017〜18シーズン/冬展望」の中で大胆にも2017〜18シーズンの予想めいたことを書いてしまった手前、その結果がとても気になっていた。
 気象庁の寒候期予報は「暖冬少雪」。私設樺山観測所の過去のデータからは、「気温高め、雪多め」の傾向を示していた。結果は気温、降雪量ともにほぼ平年並み。生活実感としてはやたら雪が多かった印象だと思うが、3月の失速の影響で結局は平年並みの降雪となった。


図1:樺山観測所の積雪・降雪推移

 図1はひらふスキー場に近い倶知安町樺山の自宅の庭で測っている積雪と降雪のデータ。折れ線グラフが過去6年分の積雪推移。棒グラフが2018年の降雪量の推移を示している。旬別に倶知安の最高気温、降雪量と札幌上空の気温を平年との比較で示した表1と合わせてご覧いただきたい。


表1:旬別の気温と降雪量、右列は平年比(気象庁データ)

 昨シーズンは11月中旬から12月中旬に強い寒気が流れ込み、年末にかけてまとまった降雪が続き、年内に積雪が2メートルを超える大雪となった。1月前半はやや小康といった感じだが雪の降らない日はほとんどなく、1月下旬、2月中旬には非常に強い寒気が流れ込んで大雪となっている。しかし、3月になると上空の寒気流れ込みも弱まって、降雪も少なくなり、融雪が進んだ。


図2:倶知安の積雪・降雪推移(札幌管区気象台HPより)

 図2は札幌管区気象台のホームページから閲覧できる倶知安の日降雪量、日最深積雪、累積降雪量のグラフである

 倶知安の観測データからも11月からまとまった降雪が続き、2月にかけてコンスタントに雪が降り続いた様子がわかる。積雪も平年値を上回る状態が続き、積雪の少なかった昨シーズンと比べるとかなり多い状態が続いた。ただし、累積降雪量を見ると昨季よりは3メートル近く多くなっているものの、3月の失速が響いて結局は平年並みとなった。

 ここ十数年のニセコの冬の様子を見ていると、雪の少ない年と平年並みかやや多い年に二極化する傾向があり、それぞれ数シーズン続く傾向が見られる。2017-18シーズンは少雪年から多雪年にスイッチした年で、この先数年は多雪の傾向が続くのではないだろうか。

<プロフィール>
新美 和造(にいみ かずぞう)
1969年京都生まれ、倶知安町樺山在住の気象予報士。
雪、山、雲、温泉をのんびり楽しむのが大好き。趣味はスキーとランニング。高校卒業後に北海道の大学へ進学し、北海道の自然に魅了される。気象の現場で仕事がしたくて11年間気象庁に奉職するものの、長くなりそうな東京暮らしに耐えられなくなり、2006年春からニセコ山麓に移住。自然を相手に仕事をしている人の多いこの地で、もっと身近に気象の情報を届けられるようにしたいと思っている。